不妊症の原因は旦那にもあるのかというと、旦那にも原因はあります。 不妊症の原因は女性にあると思われがちですが、実はそうではありません。 一説によると、女性に原因がある場合が約40%、男性に原因がある場合が約45%だそうです。 昔は、不妊症というと女性に原因があると思われていましたから、子供ができない女性はとても辛かったことでしょう。 しかし、近年では、医学も発達して、男性にも不妊の原因があるとわかってきました。 では、男性に原因がある場合、どのようなことが考えられるのかというと、精子の数や運動率です。 精子が全くない無精子症、精子の数が極端に少ない、精子の運動率が低いなどが不妊の原因になります。 2年以上も子作りに励んでいるのに、妊娠できないという場合には、一度病院に行ってみてください。 どちらに不妊症の原因があるにしろ、治療をすることで改善することもありますから、恥ずかしがらずに医師に相談しましょう。 不妊症の治療は早ければ早いほど、効果があることが多いので、ある意味、時間との勝負になります。